インプラント

インプラントについて

歯を補う治療法としてブリッジや入れ歯がありますが、インプラントは、使い心地の悪さや他の歯への負担が少ないという特徴を持った治療法です。顎の骨に埋め込むため、長年使っても違和感が少なく、食事や会話を楽しむことができます。
インプラント治療は外科手術を伴うため、不安を感じる方も多いかもしれません。当クリニックでは安心してインプラント治療を受けて頂けるよう、インプラントに必要な設備を導入して、より良い環境づくりを行っています。

インプラント治療と他の治療の比較

インプラント 入れ歯 ブリッジ
メリット
  • 他の歯に負担をかけない
  • 自分の歯のように噛みやすい
  • 見た目が美しく自然
  • 入れ歯のような異物感がなく快適
  • 治療期間が短くすむ
  • 保険が適用されて費用が抑えられるものもある
  • 幅広い症例に適用できる
  • 治療期間が短くすむ
  • 自分の歯のように噛みやすい
  • 入れ歯のような違和感が少ない
  • 保険が適用されて費用が抑えられる(セラミックは保険適用外)
デメリット
  • 外科手術が必要である
  • 他の治療に比較して費用が高額である
  • 骨が少ない場合など別の治療(骨造成治療など)と併用する必要がある
  • 違和感や痛みを感じやすい
  • 厚みがあるため食事や会話がしづらい
  • 部分入れ歯の場合は隣接している歯に負担がかかる
  • 入れ歯の種類によっては見た目があまり良くない
  • 隣接している健康な歯を削る必要がある
  • 支える歯に負担がかかる
  • 支える歯が健康でないと適用できない
保険適用 なし あり あり

インプラント治療の特徴

あごの骨に埋め込んだ人工歯根が、噛む力を直接伝えることがメリットです。食べるものを選ばない上に、入れ歯やブリッジのように周囲の歯や歯ぐきに負担をかけないのもインプラントの大きな利点です。
一方、費用負担が大きく、手術を伴うなどの特徴もあります。当院は良い面ばかりでなく、デメリットも含めてていねいに説明いたします。

インプラントの費用で迷っている方へ

インプラント治療は医療費控除の対象です。

健康保険が使えない自由診療のため費用がかかりますが、医療費控除の対象です。(還付金は個人の総所得によって異なります)

インプラントの検査「CT撮影」

インプラントを埋入するには、あごの骨の状態を検査し、幅や密度が一定量あることを確認する必要があります。当院では、歯科用CTを使って精密な検査を行い、患者さんごとのリスクを徹底的に検証します。場合によって他の治療方法をおすすめすることもありますが、その際はていねいに説明いたします。

インプラント治療の流れ

  • Step01

    カウンセリング・手術前検査

    まずはインプラントのメリット・デメリットをていねいに説明し、理解・納得していただくことを大切にしています。その後歯科用CTなどを使って精密な検査を行い、患者さんの状態を確認して診断に役立てます。

  • Step02

    治療計画の立案

    検査結果から治療プランを作成し、患者さんとしっかり話し合います。疑問や不安などがあれば遠慮なくお話しください。当院は患者さんが納得した診療のみを提供することを方針としていますので、コミュニケーションを重視しています。

  • Step03

    一次手術

    インプラントの治療では2回の手術を行います。一次手術ではあごの骨に穴をあけ、人工歯根を埋め込みます。手術は1~3時間程度で終わりますが、その後6ヶ月程度は人工歯根が骨に定着する期間を置きます。

  • Step04

    二次手術

    人工歯根が骨に定着していることが確認出来たら、二次手術を行います。二次手術ではアバットメントと呼ばれる人工歯根と人工歯をつなぐ部品を取り付けます。その後セラミックなどで作った人工歯を装着して治療は完了します。

  • Step05

    治療後のメインテナンス

    インプラント埋入後は定期的なメインテナンスを必須としています。適切にケアをしないとインプラントの周囲で炎症が起こり、せっかくのインプラントが脱落してしまうこともあります。ぜひ定期メインテナンスにお越しください。

インプラントの料金

インプラント(上部構造含む) 350,000円

お支払い例

1次オペ200,000円+半年後完了時に150,000円で、合計で350,000円となります。

ページトップへ戻る